オランダなどについて勉強した

勉強をしました。1602年に東インド会社を設立したオランダは、ジャワ島のバタヴィアを拠点にアジア貿易をすすめました。1623年にはアンボイナ事件によってイギリス勢力をモルッカ諸島から一掃し、香辛料の対ヨーロッパ貿易で優位にたちました。また、鎖国後の日本ともヨーロッパ諸国としては唯一通商関係を維持し、一時台湾も占領してアジア諸地域間の貿易をも活発におこないました。さらに、アジアへの中継点としてアフリカ大陸の南端にケープ植民地を建設しました。またアメリカ大陸東部にも進出し、ニューネーデルラント植民地をひらきました。1651年にイギリスのクロムウェルが発布した航海法は、オランダの中継貿易に大きな打撃をあたえたため、3回にわたってイギリス=オランダ戦争がおこりました。この戦争や17世紀後半から香辛料の価格が暴落したことを背景に、オランダの覇権は失われました。17世紀前半のイギリスとフランスは、植民地競争で先行するオランダに対抗するため、比較的良好な関係にありました。両国はインド沿岸部に拠点をきずき、アジア貿易をめぐってオランダと競争しました。しかし、イギリス=オランダが協調関係にはいるとフランスはイギリスと激しく敵対するようになりました。こうして17世紀後半からイギリス・フランス両国は植民地の争奪戦を繰り広げることになりました。

>>オランダ人もびっくりのリュイールホットの口コミ・評判はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です