メロンパンを食べた

パンを食べました。塩クロワッサンメロンパンというのを食べました。はじめて食べました。アルペンザルツ岩塩という塩を使っていました。メロンパンの味がしますが、形はクロワッサンなので珍しいパンでした。そして、勉強をしました。英仏両国の植民地争奪戦は、ヨーロッパでの戦争と連動して北アメリカとインドで争われました。北アメリカではイギリス人の植民地が農園を経営したり、商工業をおこなうなかでフランス人や先住民とたたかい、本国の支援をえて優位にたちました。インドにおける両国の抗争もイギリスが1757年のプラッシーの戦いで勝利をえました。1763年のパリ条約でフランスはアメリカ大陸における領土をほとんど失い、インドでもイギリスが決定的な優位にたち、17世紀以来の植民地抗争はイギリスの圧倒的勝利におわりました。イギリスの獲得した植民地のうちもっとも重要な役割をはたしたのはインドでした。ここで生産された綿織物は当時のイギリスで大流行し、その需要の増大は産業革命の一因ともなりました。フランスなどとの植民地戦争に勝ったイギリスでは伝統的な毛織物業のほかに、16世紀以降さまざまな製造業が成立していました。それらの製造業は広大な植民地を海外市場として大いに発達し、国内には豊かな資本が蓄積されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です